インクの種類は何がある?

プリンタで印刷をするにはインクが必要です。
そしてこのインクには複数の種類が存在しており、主なものとしては純正インク、互換インク、リサイクルインク、詰め替えインクをあげることが可能です。

まず、純正インクはプリンタメーカーが開発したインクです。
これに対し互換インクはプリンタメーカーとは別のメーカーが開発した新品のインクのことをいいます。
互換という言葉があるとおり、純正インクと互換性があります。

リサイクルインクはどういうものかといいますと、使用済みの純正インクが回収されて、新たにインクが注入された状態で再販されているもののことをいいます。
インクは新品ですが純正品ではなく、カートリッジは純正品ですが新品ではないというのが特徴です。

最後に詰め替えインクですが、空になったインクカートリッジに、自分で専用の工具を使用してインクを注入するもののことをいいます。
インクだけ詰め替えるため、カートリッジは純正のまま使い続けていくことが可能ですが、インク自体は純正ではないものを補充する形になります。

以上のように、インクには複数の種類が存在しています。
なお、各インクは上記の特徴の違い以外にも、異なる点が複数あります。
当サイトでは、純正インク、互換インク、リサイクルインク、詰め替えインクの入手のしやすさ、品質、価格の違いを解説します。
何の疑問も持たずに純正品を使っていた人はとくに新たな発見があるはずですので、別のページの内容をチェックしてみることをおすすめします。



★管理人特選サイト
リサイクルトナーを取扱っている専門ショップです > リサイクルトナー